植物油まとめページ

植物油、キャリアオイルって種類が沢山あるけれど、どれを使ったらいいの?
そもそも私にぴったりのオイルってどれ?
という質問にお答えするお役立ちページを作りました。

自信の持てる健やか肌のために、少し覗いていってみてください。
使い方いろいろ。植物油

キャリアオイル特集

そもそも植物油って?

アルガンやホホバなどの植物から抽出したピュアオイルです。
オイルによって含まれている成分はオレイン酸やα‐リノレン酸など種類はさまざま。

身体や髪、顔の保湿やマッサージにご使用いただけます。
お好みの使用感や目的に合わせて選べるのもポイント。
精油を足してお好みの香りにしたり、香油にしたりと楽しみ方は様々です。

オイルによって使い心地って違うの?

スタッフが試してみた使用感の早見表です。
詳しくは各オイルごとの説明で解説します。

※生活の木スタッフ調べ

バージン(未精製)とクリア(精製)タイプって何が違うの?

植物油にはクリアとバージンの2タイプがあります。
(例:ローズヒップオイル)バージン=未精製タイプは植物から採れたオイルそのものの原料特有の色と香りが残っています。
クリア=精製タイプは香りや色、またはその両方を薄くする工程を挟んだものです。
どちらが良いという訳ではないので、植物そのものを楽しみたい方は「バージン」、色や香りを気にせず使いたいという方は「クリア」タイプを選ぶと良いでしょう。

植物油の詳細を見る

生活の木の売れ筋のキャリアオイルを一部紹介します。
※掲載されている商品でも製品や在庫状況により、業種・業態によって購入を制限させていただいております。ご了承ください。

スイートアーモンドオイル

スイートアーモンドオイル

オイル初心者にはこれ!肌なじみがよくべたつきも少ないので顔・身体・髪にも使い勝手が良いです。
ホホバオイル

ホホバオイル

くせがなく使い勝手の良いオイル!ホホバの種子から得られる液体ワックスで保湿力が高く乾燥肌の方に特におすすめ。顔・身体・髪など場所を問わず使えるのもポイント。
アルガンオイル

アルガンオイル

フェイスケアにはこれ!美容オイルとしても人気が高いアルガン。普段の化粧水前に少し付けるのもおすすめ。香りも少ないので、そのまま髪に付けてもOKです。
カレンデュラオイル

カレンデュラオイル

デリケート肌にはこれ。刺激が少なく、乾燥時にもおすすめ。赤ちゃん用化粧品にも よく使用されるオイルです。
アプリコットカーネルオイル(杏仁油)

アプリコットカーネルオイル(杏仁油)

オールマイティなオイル! さらっとしてトリートメントにも使いやすい。 肌質を問わず、美容液としてもおすすめ。
オリーブスクワランオイル

オリーブスクワランオイル

乾燥を感じるときに!人の皮脂にも含まれているスクワラン。外からも補ってあげましょう。 敏感肌の方にも◎。 使うときは少量ずつがおすすめ。
ローズヒップオイル

ローズヒップオイル

フェイスケアに特におすすめ! 毎日のスキンケアにプラスすれば乾燥しやすい時期もGood。ただ酸化が早いので、早めに使いきりましょう。
グレープシードオイル

グレープシードオイル

さっぱりトリートメントにはこれ!軽くさっぱりしており、伸びが良いため ボディトリートメントにおすすめ。敏感肌、乾燥肌の方にも。
カスターオイル(ひまし油)

カスターオイル(ひまし油)

ポイントのしっかり保湿にはこれ!粘性が強いので、ボディトリートメント などではなく、目元、口元などの乾燥に ポイントで使うのがおすすめ。
椿オイル(カメリアオイル)

椿オイル(カメリアオイル)

髪のトリートメントにはこれ! ドライヤーの前、タオルドライ後に付けるのがGood。 日差しの強い日に肌に塗るのもおすすめ。
マカデミアナッツオイル

マカデミアナッツオイル

パルミトレイン酸を含むみ、 肌によくなじむので使い心地も○。スキンケアオイルとしてはもちろん、マッサージオイルや手作り化粧品の基材としての使用もおすすめ。紫外線の強い時期にも。
セサミオイル(生ゴマ油)

セサミオイル(生ゴマ油)

リーズナブルなのでたくさん使いたい方はこれ!香りも少なく、頭皮のケアにも〇。酸化しにくく、他のオイルと混ぜるのも おすすめ。食用とは違うので注意。